*

ここのところ重曹がニキビケアに効

ここのところ、重曹がニキビケアに効くと注目が集まっています。重曹は弱アルカリ性で、油分を分解する性質があるため、洗顔料に重曹を混ぜたもので洗顔すれば、毛穴に詰まった汚れを取り、角質をケアすることができ、ニキビの症状を改善させる効果が期待できるというのです。研磨作用が働く重曹での洗顔は肌を傷める恐れもあるため、試してみる際には注意をしなくてはいけません。私の母親の肌はとてもニキビができやすくて、自分も中学からニキビに悩まされ、大人になった現状でも、すぐにニキビができてしまうので、お顔のお手入れは念入りにやっています。そして、三歳になる娘もすでに毛穴に角質がつまり始めています。涙ぐましいことに絶対にニキビ肌になりそうです。遺伝は恐怖に値すると思いました。ニキビができてしまう理由のひとつに、乾燥も含まれます。肌の余分な油脂のせいでできるんじゃなかったの?と驚いている人も多いのではないでしょうか。もちろん、毛穴が余分の油脂のせいで詰まるのも原因のひとつとなっているのは事実ですが、だからといって過剰に油脂を落としすぎると、今度は肌が乾燥してきて、それがニキビができる元凶となってしまいます。おでこにニキビが出来たりすると、どうしてもつい前髪で隠そうとしてしまいます。しかし、そういったことはニキビを悪化させかねない行為ともなりますので、できるだけ前髪で隠さずに毛髪がニキビに直接触れないようにとにかく刺激を与えないようにしておく事が重要です。冬は乾燥が気になって皮膚のケアをしますが、そのことが逆にニキビが増える引き金になっているように考えることがあります。通常は使わないような基礎化粧品などを使うことがお肌を刺激することになり、毛穴のつまりや炎症が発生して、この季節でも吹き出物が出来てしまうことがあるそうです。日頃から顔を洗って清潔に保っていても、なぜかニキビができることは誰にでも起きることのではないでしょうか。このニキビの予防法には、洗顔などのケアをして清潔にするのはやって当然ですが、バランスよい食事や十分な睡眠といった健康の管理も重要になります。世間ではニキビにヨーグルトはあまり良くはないとのように言われたり、その逆に良いと言われたりしていますが、このような情報の真偽とは決して定かではありません。特定の食品にこだわるのではなく、日頃から栄養バランスの取れた食生活を心がけてさえいれば、ニキビ予防へと繋がると思うのです。角栓が毛穴をふさぐことが、ニキビの原因のひとつになります。気になるのでつい角栓を指でつぶして押し出すと、その場所にニキビ跡ができる原因になります。角栓をつくらないように、また、ひどくさせない為には、しっかりした保湿をすること、毛穴に余分な皮脂を溜め込まないようにすることが、大切なのです。ニキビの根本は、ホルモンの過剰な分泌にあるのではないかと言われています。だからこそ、成長期にニキビになることが多いのです。ニキビ予防に必要なことは豊富にあります。その中の一つが、寝る時間をいつも同じにする事です。これは、イキイキとした毎日の生活に繋がります。ニキビがあらわれると潰すのが常のようです。しかし、潰すと跡が残るのでやめろ、と、いう説が主です。極力早く治すには、ニキビ専用の薬が最も効果的だと思います。潰したニキビ跡にも効能があります。顔を洗って化粧水・乳液で肌を整え、ニキビ箇所を選んで薬を塗ります。キレイモ 鳥取


コメントする